面白い時代小説・歴史小説 Myベスト20

管理人が今まで読んだ歴史小説・時代小説の中でベスト20の作品です。少し作家が偏ってしまっているのが残念です。

作品名 作品概要
恵比寿屋喜兵衛手控え
佐藤雅美
第110回の直木賞を受賞した江戸時代の弁護士(?)の活躍を描いた傑作時代小説。
「お鳥見女房」シリーズ
諸田玲子
鷹匠の下役で鷹狩の準備をするお鳥見役矢島家の女房珠世を中心とした人情物の時代小説。
「鬼平犯科帳」シリーズ
池波正太郎
火付盗賊改方の長官長谷川平蔵を主人公にした連作時代小説。昔ながらの大衆小説です。
海狼伝
白石一郎
対馬の田舎に暮らす青年が南蛮船の船大将となるまでを描いた戦国海洋冒険小説。
影武者徳川家康
隆慶一郎
本物の徳川家康は関が原の合戦で倒れ、その後の家康は影武者が演じていたという設定の時代小説。
「啓順」シリーズ
佐藤雅美
江戸の顔役の息子を殺害したとして追われ続ける元は医者だった啓順を描いた時代小説版の「逃亡者」。
「剣客商売」シリーズ
池波正太郎
剣術の道を極めた洒脱な小男の剣客秋山小兵衛と大きく逞しい息子秋山大治郎の二人を主人公にした時代小説の傑作。
項羽と劉邦
司馬遼太郎
秦の始皇帝亡き後、天下の覇権を争った天才項羽と凡人劉邦の運命の不思議を描いた歴史小説の傑作。
坂の上の雲
司馬遼太郎
日露戦争に赴く日本人を描いた司馬文学の最高傑作。日本人なら一度は読みたい作品。
「仕掛人・藤枝梅安」シリーズ
池波正太郎
表の顔は腕の良い鍼灸師、実は凄腕の殺し屋藤枝梅安とその仲間を主人公にした痛快時代小説です。この作品からTVの必殺シリーズは始まりました。
姿三四郎
富田常雄
黒沢明監督のデビュー作の原作となる柔道小説の傑作。
蝉しぐれ
藤沢周平
江戸時代の武家社会を舞台にして、悲運に立ち向かう少年の青春と成長を描いたリリシズム溢れる傑作時代小説。
十時半睡事件帖
白石一郎
福岡藩総目付十時半睡を主人公にして、江戸時代の公務員たち(すなわち武士階級)の問題をユーモアを交えて描いた連作時代小説。
眠狂四郎無頼控
柴田錬三郎
一時代を築いた剣豪小説の傑作。眠狂四郎と言えば虚無という言葉の代名詞のようになってしまいました。
「物書同心居眠り紋蔵」シリーズ
佐藤雅美
居眠り病のため町奉行所の裏方例繰方に勤める同心藤木紋蔵を主人公にした連作時代小説。
三屋清左衛門残日録
藤沢周平
人生も晩年を迎えたらこの様に生きたい。老いても人生は楽しめると思わせてくれる時代小説の傑作。
夢介千両みやげ
山手樹一郎
小田原の大百姓の息子夢介が千両の小遣いを貰って江戸に道楽修行に出た。ユーモア時代小説の傑作。
「用心棒日月抄」シリーズ
藤沢周平
江戸中期、藩内抗争に巻き込まれた武士が脱藩して江戸へ。それを追う刺客を倒しながら世過ぎのために用心棒稼業をする。傑作時代小説です。
「深川澪通り木戸番小屋」シリーズ
北原亞以子
深川澪通りの木戸番小屋の夫婦笑兵衛とお捨を中心にして、深川に住む江戸庶民の生活をしみじみとした情感で描いた人情ものの時代小説。
竜馬がいく
司馬遼太郎
明治維新を導いた偉人坂本竜馬の生涯を描いた司馬文学の大傑作。

このページの先頭へ