面白いロマンス小説 Myベスト20

管理人が今まで読んだロマンス小説のベスト20の作品です。対象にしたのはいわゆるロマンス小説で純愛系は入っていません。それ程沢山読んでいないし、海外の翻訳がほとんどです。

作品名 作品概要
ファースト・レディ
スーザン・エリザベス・フィリップス
オンボロのモーター・ホームで一緒に旅をする事になったファーストレディとジャーナリストと女の子が二人。リタ賞受賞の心温まるロード・ノベル。
黒衣の騎士との夜に
アマンダ・クイック
誰からも恐れられる騎士の婚約者として彼の領地に赴いた女性が、持ち前の優しさと勇気で周囲の人を虜にしていく様を描いたユーモラスなヒストリカル・ロマンス。
太陽に魅せられた花嫁
ジュリー・ガーウッド
イングランドからスコットランドの領主のもとに嫁がされた娘が、持ち前の明るさと優しさで周囲の人間を虜にしていく姿を描いたRITA賞受賞のヒストリカル・ロマンス。
ただもう一度の夢
ジル・マリー・ランディス
古びた屋敷を改装してホテルを開く未亡人と、とある事情から自殺を考えてホテルに宿泊したベストセラー作家の愛。トワイライト・コーヴ・シリーズ第3作。
時のかなたの恋人
ジュード・デヴロー
16世紀から呼び寄せられた英国貴族とイギリス旅行中の女性との時を挟んだロマンスを描いた作品。
楽園に落ちた天使
ローラ・リー・ガーク
養女3人と農場を切り盛りする女性と流れ者のボクサーとのロマンスを描いた1997年のRITA賞受賞作。
きらめく星のように
スーザン・エリザベス・フィリップス
犬猿の仲の俳優と女優との結婚騒動をユーモラスに描いたロマンス小説。
愛を刻んでほしい
ロレイン・ヒース
南北戦争により傷ついた南部の小さな町を舞台にして、信念を貫いて従軍拒否した事から迫害を受ける若者と彼を憎む若き未亡人とのロマンスを描いたリタ賞受賞作。
誰にも聞こえない
カレン・ローズ
連続猟奇殺人事件の犯人を追う刑事と、彼に協力する美貌の考古学者。なかなかのラブ・サスペンスです。
あなたに会えたから
キャサリン・アンダーソン
仕事一筋に生きてきた獣医の青年と事故で失語症になった元環境科学者の女性とのロマンスを描いた作品。
愛の眠りは琥珀色
ローラ・リー・ガーク
名ばかり夫婦の子爵夫妻が夫の従兄弟が死んだことを契機に歩み寄り、お互いの信頼を取り戻して新しい人生を築いていく姿を描いたヒストリカル・ロマンス。
夢を見ること
リサ・クレイパス
メキシコとアメリカの混血女性が貧しいトレーラーパークでの暮しを抜けだして自分の道を切り開いていく姿を一人称で描いたロマンチックなシンデレラ・ストーリー。
罪なき嘘の罪
ソフィー・ジョーダン
結婚直後に夫に見捨てられた伯爵未亡人と新しく伯爵家を継いだ賭博場を経営する男との愛を描いたロマンス小説。
夜を忘れたい
リンダ・ハワード
連続殺人犯との共感能力を持つ女性と事件を担当する刑事が協力して犯人を追ううちに惹かれあって行くというロマンチック・サスペンス。
夜明けが来るまで見られてる
スーザン・ブロックマン
アルコール中毒の人気俳優と心に傷を持つ美貌の映画製作者が、反目し合いながらも惹かれ合い再生していく姿を描いたロマンス小説。
ハイランドの魔法の夜
デボラ・マクギリヴレイ
中世スコットランドの妖精の血を引く女領主と征服者であるイングランド王配下の騎士とのロマンスを描いたファンタジィ・ロマンス。
黄昏に眠る記憶
ジェイン・アン・クレンツ
その場が持つ過去の負の記憶を知覚する能力を持つ女性と私立探偵とのロマンスを絡ませて、正常な人間を隔離している精神病院の悪を暴くというロマンチック・サスペンス。
悪の華にくちづけを
ロレッタ・チェイス
放埒な外面の下に傷つきやすい心を持つ侯爵と美人だが男勝りの性格の準男爵家の令嬢との恋を描いたリタ賞受賞ヒストリカル。
あなただけ見つめて
スーザン・エリザベス・フィリップス
フットボール・チームのオーナーに就任した美女とマッチョなコーチとのロマンスを中心に描いたリタ賞受賞のドラマ。
禁じられた城の秘密
ジェニファー・セント・ジャイルズ
行方不明となった従姉妹を探して海辺の城のメイドとして住み着いた予知能力を持つ女性。重厚なゴシック風のロマンチック・サスペンス。

このページの先頭へ