面白いファンタジー・ホラー小説 Myベスト20

管理人が今まで読んだファンタジー小説やホラー小説の中でベスト20の作品です。

作品名 作品概要
アヌビスの門
ティム・パワーズ
得体の知れない怪人物や妖怪変化が登場するフィリップ・K・ディツク記念賞受賞の西洋版伝奇小説。
異人たちとの夏
山田太一
現代の怪談という趣きがある第1回山本周五郎賞受賞の感動作。
エレニア記
デイヴィッド・エディングス
古き神と新しい神との対峙と力を持つ宝石を操る騎士スパーホークを交えて描かれる異世界ファンタジィの傑作です。
カメレオンの呪文
ピアズ・アンソニィ
誰もがひとつは魔法の力を持っている魔法の国ザンスで魔法の力を持たない青年ビンクの冒険を描いたファンタジィ。英国幻想文学大賞受賞作。
少年時代
ロバート・R・マキャモン
少年の頃の冒険の日々を情感豊かに描いた作品で管理人の超おすすめ。
スピリット・リング
ロイス・マクマスター・ビジョルド
黒魔術師の野望に立ち向かう少女の恋と冒険を描いたファンタジィ。
チャリオンの影
ロイス・マクマスター・ビジョルド
5柱の神々が住まう国を舞台にした異世界ファンタジィ・シリーズの第1作目です。
ドラゴンになった青年
ゴードン・R・ディクスン
ヘンな機械で異次元に転送された恋人を救うために自らも異次元に向かった青年が気がつくとドラゴンの身体に転送されていた。という英国幻想文学賞受賞のユーモア・ファンタジィ。
墓場の少年
ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活

ニール ゲイマン
家族を何者かに殺されて、墓場の幽霊に育てられた少年の成長と冒険の物語。ヒューゴー賞受賞作。
ベルガリアード物語
デイヴィッド・エディングス
光と影の対決をメインテーマにして描かれた壮大なスケールのファンタジィ大作です。何度読み返したことか・・・。
マロリオン物語
デイヴィッド・エディングス
ベルガリアード物語の続編です。こちらも面白い作品ですがベルガリアード物語を読んでからですね。
指輪物語
J・R・R・ト-ルキン
史上最高のファンタジィ。
ようこそ女たちの王国へ
ウェン・スペンサー
男性の人口が全体の5%程度しかない世界を舞台に繰り広げられるロマンチック・ファンタジィ。
妖女サイベルの呼び声
パトリシア・A・マキリップ
山奥で一人暮らす美しい魔法使いの女性の愛と成長を描いた第一回世界幻想文学賞受賞作。
ロック・ラモーラの優雅なたくらみ
スコット・リンチ
中世イタリアを思わせるような架空の都市を舞台にして若き詐欺師を中心に三つ巴四つ巴の陰謀が渦巻くファンタジィ。
力の言葉 4部作
デイヴ・ダンカン
この世界の言葉には不思議な力を持つ言葉がある。その言葉を一つでも知っていれば達人の能力が得られる。そんな世界での少年ラップの成長と恋と冒険の物語。
ラプソディ 3部作
エリザベス・ヘイドン
完璧なまでに美しい「歌い手」ラプソディを主人公にして愛を歌い上げた、自由奔放なイメージで綴られる壮大でロマンチックなファンタジィ3部作。
魔法の王国売ります!
テリー・ブルックス
妻の死去で生きがいを無くした弁護士が、ふと目にしたデパートの通販カタログの広告に引かれて魔法の王国ランドオーバーを買って王様になるというユーモア・ファンタジィの傑作。
ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち
リチャード・アダムス
群れに迫る危機を察知した11匹の勇敢なうさぎたちが、新しいユートピアを求めて放浪の旅を始める冒険ファンタジィ。
触手(タッチ)
F・ポール・ウィルスン
奇妙な浮浪者に手を握られた時から、どんな難病も触れるだけで治癒出来る能力を得た医師が辿る数奇な運命。極めて印象的な物語。

このページの先頭へ