泣いたり笑えたりする作品のリスト

泣いたり笑えたりする小説やコミックなどを紹介します。


作品名 / 作家読後感・再読度 / 概要

天切り松 闇がたり

浅田次郎
☆☆☆ ・ ☆☆☆
平成の留置場の中で夜盗の声音「闇がたり」で大正ロマンの花咲く時代の粋な悪党たちの生き様を語る老人。「天切り松 闇がたり」シリーズ第一作目。

鉄道員(ぽっぽや)

浅田次郎
☆☆☆ ・ ☆☆☆
涙なくしては読めない傑作。電車の中じゃ読まない方が良い作品。

俺物語!!

アルコ&河原和音
☆☆☆ ・ ☆☆☆
一見おっさん風の高校男子と可愛い女子高生のピュアでおかしなラブストーリー。すごく笑えて愛しい気持ちになるコミック。

家日和

奥田英朗
☆☆☆ ・ ☆☆☆
それぞれ色々な事情がある日本の家族の日常で発生する出来事をユーモラスに描いた短篇集。

空中ブランコ

奥田英朗
☆☆☆ ・ ☆☆☆
子供のような性格のメチャクチャな精神科医伊良部一郎を主人公にしたユーモア・シリーズの第2作目で第131回直木賞受賞作です。

我妻さんは俺のヨメ

蔵石ユウ&西木田景志
☆☆☆ ・ ☆☆
凡な高2男子が突然タイムスリップした先は、学校一番の美少女・我妻さんが自分の奥さんになっている未来だった。すごく笑えるラブコメ。

宇宙兄弟

小山宙哉
☆☆☆ ・ ☆☆☆
少年の頃にUFOを目撃してから、宇宙飛行士になる事を誓い合った兄弟が、紆余曲折を経ながら宇宙を目指す姿を描いた第35回(2011年)講談社漫画賞受賞のSFコミックの傑作。

魔術探偵スラクサス

マーティン・スコット
☆☆ ・ ☆☆
中年で酒飲みのおっさん探偵が、王家を巻き込んだスキャンダラスな殺人事件の調査に乗り出すというユーモラスなミステリィ・ファンタジィ。

ようこそ女たちの王国へ

ウェン・スペンサー
☆☆☆ ・ ☆☆☆
男性の人口が全体の5%程度しかない世界を舞台に繰り広げられるロマンチック・ファンタジィ。

二十四の瞳

壷井栄
☆☆☆ ・ ☆☆☆
昭和初期に瀬戸内海の小さな島の小学校に赴任してきた新任の女性教師と12人の純真な児童との交流。それぞれの人生の流転と戦争の悲哀を描いた日本の児童文学の傑作。

ドラゴンになった青年

ゴードン・R・ディクスン
☆☆☆ ・ ☆☆☆
ヘンな機械で異次元に転送された恋人を救うために自らも異次元に向かった青年が気がつくとドラゴンの身体に転送されていた。という英国幻想文学賞受賞のユーモア・ファンタジィ。

O・ヘンリー名作集

O・ヘンリー
☆☆☆ ・ ☆☆☆
巧みなオチが際立つ名手O・ヘンリーの短篇集。ユーモアのある心温まる話は心地よい。

星守る犬

村上たかし
☆☆☆ ・ ☆☆☆
まだ小さい娘が拾ってきた子犬の世話をするようになる父親。月日は流れて家庭崩壊、病の中で唯一慕ってくれる犬とともに父親は旅に出る。身につまされて泣けるマンガ。

半落ち

横山秀夫
☆☆☆ ・ ☆☆
アルツハイマーの妻を扼殺したとして自首してきた県警の幹部警察官の2日間の行動を追うヒューマン・ミステリィの傑作。

このページの先頭へ