横山秀夫「陰の季節」☆☆

陰の季節

D県警を舞台にして様々な警察官たちの人間模様を描いた第5回松本清張賞受賞作です。

「陰の季節」「地の声」「黒い線」「鞄」の4つの作品を収録しています。

県警を舞台にした連作短篇集なのですが、前作の登場人物が次の作品に登場するというリレーするような構成になっていて、全体で一つの物語を読んだような気分が味わえます。

一応ミステリィの形をとっていますけど、作品の内容は出世を目指す警察官や、警察官としての生き様を考える男たちや女たちを描いた作品で、犯人当て云々という要素よりも人間を描いているところに価値があります。


ところで巻末の作者紹介を見て気が付きましたが、横山秀夫氏は管理人よりも若いんですね。

作風が重厚で落ち着いた雰囲気ですから、てっきり管理人よりも年上の相当のベテラン作家だと思っていました。

もっとも自分では若いつもりでも、客観的に見れば管理人は年寄りなんでしょうね。ビックリだ!


このページの先頭へ