ドラゴン賞 SF小説部門 受賞作

ドラゴン賞(Dragon Awards)は、北米のジョージア州アトランタで毎年9月に開催されるポップ・カルチャーのファン・イベントであるドラゴン・コン(Dragon Con)が2016年に創設したSF・ファンタジィ小説、コミック、ゲーム、映画などを対象とする賞です。

SF小説部門、ファンタジー小説部門、コミック部門、SF・ファンタジィTVシリーズ部門など複数の部門があり、小説の部門だけでも細かく分かれています。

対象となる作品は前年の7月1日から当年の6月30日までに発表されたもので、推薦や投票は全てドラゴン・コンの公式サイトで行われ、ドラゴン賞のルールに従っていれば大会への参加者以外でも推薦・投票に参加出来ます。

以下はSF小説部門(Best Science Fiction Novel)の受賞作の一覧です。

年度 作品名 内容

2021年


Project Hail Mary

アンディ・ウィアー
Andy Weir

2020年


The Last Emperox

ジョン・スコルジー
John Scalzi

2019年


A Star-Wheeled Sky


Brad R. Torgersen

2018年

アルテミス
Artemis

アンディ・ウィアー
Andy Weir

人類初の月面都市アルテミス──直径500メートルのスペースに建造された5つのドームに2000人の住民が生活するこの都市で、合法/非合法の品物を運ぶポーターとして暮らす女性ジャズ・バシャラは、大物実業家のトロンドから謎の仕事の依頼を受ける。それは都市の未来を左右する陰謀へと繋がっていた……。『火星の人』で極限状態のサバイバルを描いた作者が、舞台を月に移してハリウッド映画さながらの展開で描く第二作。

(「内容紹介」より)

2017年


Babylon’s Ashes

ジェイムズ・S.A.コーリィ
James S.A. Corey

2016年


Somewhither: A Tale of the Unwithering Realm


John C. Wright


このページの先頭へ